メンズ

新しい生活へ向けて仕事を探す|フリーエンジニアで自分らしく働く

出版社への就職に

履歴書

出版社で編集の仕事をしたいと転職を希望する人は多くいます。けれども注意しておきたいことがあります。まず出版業界全体が縮小傾向にあることです。本や雑誌が売れないとされてからかなり経ちますが、その傾向は続いています。つまり必要とされる人材も少ないわけです。そのために、編集業界への転職のためには、それなりの力量が必要とされます。未経験で編集の仕事へ転職するのは、極めて難しいとされます。もちろん未経験であっても、それなりの勉強を長く続けていればチャンスはあります。業界は学歴や経歴よりも、実力が重視される世界です。必要とされる技術や知識を持っていれば、たとえ未経験であっても転職することは十分に可能です。

出版社の編集の仕事に転職するためには、基本的に経験が必要となります。特に大手出版社となれば、誰かの紹介がなければ難しい世界となります。大手の編集の仕事は、中小の出版社とは根本的に異なります。まず必要とされるのは人脈です。紹介が必要なのもそれが理由です。情報が命といえる業界であるために、どれほどの人脈を持っているかが問われることになります。さらに幅広い知識と高いコミュニケーション能力、気配りと文章力が問われます。転職のための準備としては、まず編集プロダクションとして活動することが近道です。そこで人脈を増やし、必要なスキルを磨くことにより、大手の出版社で編集の仕事に携わることができるようになります。